山田屋(初台)の炒飯、中華丼など9メニュー。ボリューム満点のガッツリ系町中華

山田屋(初台)新宿区の町中華
【広告の後に記事が続きます】

山手通りの西新宿四丁目交差点の近くにある中華料理店・山田屋さんのメニューを掲載しています。山田屋さんは豊富な麺類と中華定食、炒飯などが揃うお店で、1000円以下でお腹いっぱい食べることができ、近くで働く方々などが通っています。

このページでは、山田屋さんのメニューの中から、中華丼、炒飯、野菜炒めライス、焼肉ライス、炒麺ライス、かた焼きそば、半餃子等を掲載しています。

【広告の後に記事が続きます】

中華丼:760円

山田屋の中華丼

メニュー名中華丼
価格760円
主な具材キャベツ、白菜、にんじん、キクラゲ、しいたけ、マッシュルーム、たけのこ、豚肉など

ご飯が見えないぐらい、たっぷりとあんがかかった中華丼

あんはとろみが強くて塩味。具材は記載した以外にもなるとや青菜などたくさん入っています。

にんじんやたけのこはやや大きめで歯応えがあり、噛むと野菜自体の味が口の中に広がります。

醤油味の中華スープ付きです。

炒飯:840円

山田屋の炒飯

メニュー名炒飯
価格840円
主な具材焼豚、玉子、なると、しいたけ 、にんじん

山田屋さんの炒飯は、濃いめの味つけと細かく刻まれた具が特徴。

にんじんの食感がアクセントになっていて、しょっぱさの中にしいたけの香りも感じます。

平たいお皿に盛られているので分かりづらいですが、量は多めです。

半炒飯(420円)もあります。また、中華鍋にご飯や具材、調理料を入れ、強火で一気に作っているようです。カウンター席から、調理してくださっている様子が見れます。

炒麺ライス:980円

メニュー名炒麺ライス
価格980円
主な具材キャベツ、もやし、青菜、にんじん、豚肉、白菜など
山田屋さんの中でも少し個性的なボリューム満点メニューが、炒麺ライス(チャーメンライス)です。
プレートの右半分は塩味の焼きそばでニンニクが効いた濃いめの味付けで、焼きそばをおかずにご飯を食べます。
焼きそばもライスも量が多いですが、野菜たっぷりの焼きそばはパンチのある塩ニンニク味で、ご飯も麺も進む、炭水化物好きにはたまらないメニューです。
中華スープとおしんこが付きます。

焼肉ライス:880円

山田屋(初台)の焼肉ライス

メニュー名焼肉ライス
価格880円
主な具材豚肉、キャベツなど
焼肉ライスは、ガッツリ系メニューが揃う山田屋さんの中でも、特にボリュームも味のパンチも満点で人気のメニュー。
ニンニク醤油系のタレがたっぷり
大きくて厚みのある豚肉の焼肉がたっぷりで、下には千切りキャベツ、ニンニク醤油系の濃い味付けのタレがお皿の底にたっぷり溜まっています。
焼肉にもタレがたっぷりかかっていて肉から垂れやすいので、ご飯の上に焼肉を置いて食べ進めるのがおすすめです。

野菜炒めライス:770円

山田屋の野菜炒めライス

メニュー名野菜炒めライス
価格770円
主な具材キャベツ、白菜、もやし、にんじん、キクラゲ、玉ねぎ、青菜、豚肉

野菜炒めライスは、ご飯、中華スープ、お漬物付き。

5種類以上の野菜と豚肉が入っており、ご飯によく合うやや濃いめの味です。

お皿の底に炒め汁があり、野菜炒めを炒め汁につけ、それをご飯にワンバウンドさせてから食べると、さらにご飯が進みます。

野菜炒めライスは野菜中心で豚肉は少なめです。お肉もたくさん食べたい人には肉野菜炒めライス(970円)もあります。

麻婆豆腐ライス:880円

山田屋(初台)の麻婆豆腐ライス
メニュー名麻婆豆腐ライス
価格880円
主な具材豆腐、ひき肉、ニラなど
麻婆豆腐ライスは、写真を見てわかるように麻婆豆腐の量がとにかく多いメニュー。
ご飯も大盛りぐらいの量ありますが、そう感じさせないくらい大きな器に麻婆豆腐がたっぷり。
とろみ控えめでサラッとしていて、辛さもあるので食べ進めるうちに体の中から温まってきます。

ワンタンメン:740円

山田屋(初台)のワンタンメン
メニュー名ワンタンメン
価格740円
主な具材ワンタン、チャーシュー、青菜、なると、めんま、長ネギなど
ワンタンメンは、肉入りのワンタンが10個程度入って700円台。麺もワンタンもボリュームがありながらリーズナブルなメニューです。
醤油ラーメンのスープは昔ながらの味で、麺は細麺。チャーシューには厚みがありました。

かた焼きそば:920円

山田屋(初台)のかた焼きそば
メニュー名かた焼きそば
価格920円
主な具材キャベツ、もやし、にんじん、白菜、たけのこ、しいたけ、キクラゲ、豚肉など
とろみが強くて味が濃いあんがたっぷりとかかったかた焼きそば。
あんの量がとても多く、揚げ麺の量が少なく感じるほどです(揚げ麺も一般的な量入っています)。
野菜は種類が豊富で細かめに刻まれているので食べやすいです。
揚げ麺は、注文を受けてから中華麺を素揚げしています。

半餃子:280円

山田屋の半餃子
メニュー名半餃子
価格280円
主な具材豚肉、キャベツ、ニラなど

ラーメンやご飯ものと一緒に餃子を食べたいときにちょうど良いのが半餃子です。

山田屋さんの餃子は皮から手作りで、もちっとした食感が特徴的。やや大きめなので、3つでも食べ応え十分です。

具もジューシーで、にんにくの香りも少ししました。

餃子のメニューは他に、餃子(560円)、餃子ライス(780円)があります。
【広告の後に記事が続きます】

山田屋さんのメニュー

山田屋(初台)のメニュー2304

上の画像は、山田屋さんの店前に置かれているメニューです。

山田屋さんはラーメンの種類が豊富で、30種類程度あります。その中で山田屋さん独自のメニューが特製のゴマラー油を使ったカラシラーメンで、カラシは120円でトッピングすることができます。

ご飯ものは定食と炒飯、中華丼を合わせて10種類程度で、麻婆豆腐もあります。

また、ラーメン、ご飯ものともにボリュームがある点も山田屋さんの特徴で、大盛りを注文しなくても大盛りぐらいの量があります。

しかも、全てのメニューが1000円以下なので、ラーメンや中華定食をリーズナブルな価格でお腹いっぱい食べたい時にはぴったりです。

山田屋さんの店舗情報

山田屋の外観

山田屋は西新宿四丁目にある町中華です。

最寄り駅は京王新線の初台駅で、東京オペラシティから数分の場所にあります。

都心が目と鼻の先にあるような立地ですが、お店は「昔ながら」といった言葉が合うような歴史を感じる佇まいです。

店内は、カウンター席が5席程度と4人がけのテーブルがある小規模お店で、カウンター席に座ると、調理中の熱や香りを感じることができます。

お水はセルフサービス(入り口の近くに給水機があります)ですので、料理を待つ間に組んでおきましょう。

また、換気のため、お店の入り口は開けっぱなしにしているようです。そのため、真夏や真冬は店内が暑かったり寒かったりすることもありますが、理解した上で山田屋さんでの食事をお楽しみください。

なお、西新宿五丁目駅の近くにも山田屋さんという町中華があります。名前が同じで、どちらも住所が西新宿4丁目のため間違えやすくなっていますので、お気をつけください。

地図・店舗情報

店名山田屋
住所〒160-0023 東京都新宿区西新宿4丁目35−19-1F アイカービル
会計食事後に支払い(現金)
卓上の薬味・サービス醤油、酢、コショウ、ラー油
お箸の種類割り箸