MENU

そば処丸屋のメニュー。代々木公園駅を出てすぐの場所にある庶民的な町蕎麦

丸屋(代々木公園)

千代田線の代々木公園駅1番出口を地上に出た左斜め前にあるそば処丸屋さん。昔ながらの雰囲気がある町の蕎麦屋で、代々木八幡、代々木上原エリアで働いている方や近くに住んでいる方が世代を問わず利用しています。町の蕎麦屋で定番の蕎麦とうどん、ご飯もののメニューが揃っていて、近所に1件あると安心するようなお店です。

このページでは、そば処丸屋さんのメニューから、大もりそば、肉南蛮そば、カツ丼、親子丼セットを紹介しています。

目次

丸屋さんのメニュー

丸屋(代々木公園)のメニュー

写真は丸屋さんのメニューです。

右ページが温かいそば、左ページが冷たいそばとご飯もので、次のページにはセットメニューや冷やしたぬきなどの季節限定メニューが書かれています。

そばとうどんのメニューは、丸屋さんならではの特別なものがあるわけではありませんが、町の蕎麦屋でお馴染みのメニューが一通り揃っていて、1000円以下のメニューも多いです。

ご飯ものも同じように定番の丼ものが中心で、カツ丼と天丼は通常と上があります。

また、定食メニューは天ぷら定食があります。

大もりそば:800円

丸屋(代々木公園)の大もりそば

メニュー名 大もりそば
価格 800円
主な具材 長ネギ、大根おろし、わさび

丸屋さんのそばをたっぷり食べたいなら大もりそば。

細くてややグレーのそばは適度な香りとコシがあり、そばつゆは甘辛くて濃く、常温に近い温度感です。

薬味で大根おろしもついているので、途中で味に変化をつけることもできます。

肉南ばんそば:800円

丸屋(代々木公園)の肉南蛮そば

メニュー名 肉南ばんそば
価格 800円
主な具材 豚肉、長ネギ

豚肉のエキスがそばつゆに染み込んだ肉南ばんそば。

豚肉がたっぷり入っていて、すっきり目のつゆと細いそばも好相性です。

カツ丼:950円

丸屋(代々木公園)のカツ丼

メニュー名 カツ丼
価格 950円
主な具材 とんかつ、玉ねぎ、玉子など

丸屋さんのカツ丼は、しょっぱい系のつゆがご飯にまでたっぷり染み込んでいて、とんかつに厚みがあってガツガツと食べたくない一品。

玉子とじは半熟気味の玉子ととんかつ中心で、玉ねぎ少々。

味噌汁、漬物付きです。

親子丼セット:1200円

丸屋(代々木公園)の親子丼セット

メニュー名 親子丼セット
価格 1200円
主な具材 鶏肉、玉子、かまぼこなど

親子丼ともりそばのセットで、ご飯もそばも1人前の2/3程度のボリューム感。

親子丼はしょっぱい系の味付けで、鳥もも肉と玉子の他にかまぼこも入っています。

もりそばのつゆは濃いめの味。

漬物付きです。

そば処丸屋さんの特徴・店舗情報

丸屋(代々木公園)外観

丸屋さんは、代々木公園駅、代々木八幡駅が最寄りのそば屋です。

代々木八幡のメインストリートと言える富ヶ谷1丁目通り沿いにあり、千代田線代々木公園駅の1番出口のすぐ近くにあり、地上に出ると、左前に趣がある町蕎麦の外観が目に飛び込んできます。

大通りに出ればすぐ近くに代々木公園があり、渋谷からも近い好立地です。

店前のショーケース。可愛らしいオブジェも

扉の横には昔ながらのショーケースがあり、アンパンマンのキャラクターたちが置かれていて可愛らしいです。

店内は2階建て。電子マネーやQRコード決済が可能

丸屋さんの店内は、2階建てで、1階は4人掛けのテーブル席が5つ。2階もあってこちらにもテーブル席が並びます。

木の温もりを感じ、昭和レトロな雰囲気もある町蕎麦の王道を行くような店内です。

その一方で、決済方法は今どきで、SuicaやPASMOなどの電子マネー、PayPayなどの各種QRコード決済など、キャッシュレス決済に広く対応しているようです。

会計をする場所に、可能な決済方法の一覧がありますのでご確認ください。

また、営業日は平日と土曜日のお昼と夜で、土日祝日は定休日のようです。

地図・店舗情報

店名 そば処 丸屋
住所 〒151-0063 東京都渋谷区富ケ谷1丁目51-1
会計 食事後に支払い(現金、交通系IC、PayPayなど)
卓上の薬味・サービス 七味など
お箸の種類 割り箸
丸屋(代々木公園)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次