MENU

山田屋(千束)のメニュー。昔ながらの風情が漂う下町の路麺は天ぷらが豊富

山田屋(千束)
三ノ輪と浅草の中間、国際通りから少し入った場所にある山田屋さん。駅から遠い立地ながら近所の方だけでなく、立ち食いそば好きの方、ドライバーの方などが食べにくる立ち食いそばです。メニューは立ち食いそばの基本的なメニューが揃っていて、店内で調理している天ぷらが豊富です。このページでは、山田屋さんのメニューから、天ぷらそば、春菊天そば、あじ天そばなどを紹介しています。
目次

山田屋さんのメニュー

山田屋(千束)のメニュー

写真は、山田屋さんの店内に貼られているメニューです。

かけそば(360円)をはじめ種類が豊富で、天ぷらが乗ったそば10種類程度あり、500円前後。天ぷらは事前に調理されたものですが、店内で調理しているので揚げたてを食べられることも。

たぬきそばや各種天ぷらそばは冷かけで食べることもでき、その場合は食券機で冷かけ(370円)と天ぷら単品を購入します。

麺はそばの他にうどん、きしめん、細麺(細うどん)があります。ご飯ものは、いなり寿司とライスがあります。

持ち帰りも可能です(容器代20円がかかります)。

天ぷらそば:510円

山田屋(千束)の天ぷらそば

メニュー名 天ぷらそば
価格 510円
主な具材 玉ねぎや桜エビのかき揚げ、長ネギ等

山田屋さんの天ぷらそばは、玉ねぎと桜エビのかき揚げ。

すっきりとしたつゆと、柔らかめでクセの少ないそばなので、桜エビの香りが引き立ちます。

春菊天そば:510円

山田屋(千束)の春菊天そば

メニュー名 春菊天そば
価格 510円
主な具材 春菊の天ぷら、長ネギ等

春菊天そばは、刻んでかき揚げのように揚げたタイプの春菊天。

油と春菊の香りがそばつゆの中で広がります。

あじ天そば:520円

山田屋(千束)のあじ天そば

メニュー名 あじ天そば
価格 520円
主な具材 あじの天ぷら、長ネギ等

魚の天ぷらにはあじ天そばがあります。

身がしっかりとあって大きなあじは食べごたえも十分。お箸で簡単にほぐれるので蕎麦と一緒に食べやすいです。

冷かけたぬきそば:470円

山田屋(千束)のたぬきそば(冷やかけ)

メニュー名 冷かけそば、たぬき
価格 370円(冷かけそば)、100円(たぬき)
主な具材 天かす、長ネギ等

山田屋さんで冷やしたぬきを食べたい時は、冷かけそばにたぬきを追加トッピングします。

つゆはしっかりと冷たく、蕎麦には適度なコシがあります。

こんがりサクッとした天かすで、春菊などのかけらも混ざっています。

いなり:100円

山田屋(千束)のいなり寿司

メニュー名 いなり
価格 100円

いなり寿司は、1個100円。一般的なサイズで、お揚げは甘味が強め。

山田屋さんはご飯もののメニューが限られるので、たくさん食べたい人は、2つや3つ注文してもよいかもしれません。

山田屋さんの特徴・店舗情報

山田屋(千束)の外観

山田屋さんは台東区千束にある立ち食いそばです。

浅草の西側(花やしき周辺)と三ノ輪の中間で、国際通りから少し入った場所にあります。電車だと、日比谷線の三ノ輪駅や入谷駅が最寄りですが、どちらも徒歩10分以上かかります(浅草からは遠いです)。

写真のように、昔ながらの飲食店といった雰囲気の外観で、隣が新しくて大きなマンションということもあり、山田屋さんの前だけ時間が止まっているようにも見えます。

立ち食いそばですが、店内はイスがあり、10席程度あります。入って左側に食券機があるので、食券を購入して店員さんに渡します。麺の種類はその際に伝えましょう。

混雑状況にもよりますが、前のお客さんがいない時なら1分程度で提供されます。

営業は平日の朝から昼で、土日祝日は定休日のようです。

地図・店舗情報

店名 立喰そば 山田屋
住所 〒111-0031 東京都台東区千束3丁目33-9
会計 食券機(現金)
卓上の薬味・サービス 七味、醤油、ごまなど
お箸の種類 割り箸
山田屋(千束)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次