MENU

きぬそば(末広町)のメニュー。50年以上続く立ち食いそばはカレーも人気

きぬそば(末広町)

銀座線の末広町駅から御徒町方面に向かう途中にあるきぬそばさんは、50年以上続く老舗の立ち食いそばです。昭和の雰囲気が残る店構えと昔ながらの蕎麦で、天ぷらなど揚げ物の種類が豊富。洋食屋がルーツのようで、カレーライスも人気があります。

このページではきぬそばさんのメニューからかき揚げそば、春菊天そば、げそ天そば、かつそば、天ぷらそばセットなどを紹介しています。

※Googleマップには鬼怒そばと表記されていますが同じ店です。

目次

かき揚げそば:400円

きぬそば(末広町)のかき揚げそば

メニュー名 かき揚げそば
価格 400円
主な具材 かき揚げ(玉ねぎ、長ネギ、桜エビなど)、わかめ、長ネギなど

立ち食いそばの定番、かき揚げそば

きぬそばさんのかき揚げは、玉ねぎ、長ネギ、桜エビが入っていて、桜エビの香りがポイント。

わかめもしっかり入っていて400円というリーズナブルな価格も魅力的です。

春菊天そば:400円

きぬそば(末広町)の春菊天そば

メニュー名 春菊天そば
価格 400円
主な具材 春菊の天ぷら、わかめ、長ネギなど

春菊天そばは、適度な大きさに刻んだ春菊をかき揚げのように揚げたタイプ。

きぬそばさんの天ぷらは事前に調理されたものですが程よいサクサク感があり、春菊の香りも感じられます。

ゲソ天そば:450円

きぬそば(末広町)のゲソ天そば

メニュー名 ゲソ天そば
価格 450円
主な具材 ゲソのかき揚げ、わかめ、長ネギなど

こちらも立ち食いそばで人気のゲソ天そば

きぬそばさんのゲソ天そばは一口サイズのゲソの天ぷらで、コリコリとした食感がクセになります。

かつそば:550円

きぬそば(末広町)のかつそば

メニュー名 かつそば
価格 550円
主な具材 とんかつ、わかめ、長ネギなど

きぬそばさんならではのメニューの一つがかつそばです。

カツカレーなどに使われるとんかつがかけそばの上にドンと乗っています。

そばのトッピングにちょうど良い大きさのとんかつで、衣にそばつゆがどんどん染み込んでいき、かつにつゆの味が付きます。

コロッケそば:400円

きぬそば(末広町)のコロッケそば

メニュー名 コロッケそば
価格 400円
主な具材 コロッケ、わかめ、長ネギなど

グリーンピース、にんじん、コーンが入ったポテトコロッケを使用したコロッケそば。

素朴な雰囲気のあるコロッケがそばつゆをどんどん吸い込んでいきます。

ごぼう天うどん:400円

きぬそば(末広町)のごぼう天うどん

メニュー名 ごぼう天うどん
価格 400円
主な具材 ごぼうとにんじんの天ぷら、わかめ、長ネギなど

ごぼう天うどんは、細切りにしたごぼうとにんじんのかき揚げが入っています。

きんぴらのように細くカットされているので食べやすく、つゆを吸い込んでふやけ、天ぷらを崩しながら麺と一緒に食べることができます。

うどんは少し柔らかめです。

天ぷらそばとミニカレーセット:800円

きぬそば(末広町)の天ぷらそばとミニカレーセット

メニュー名 天ぷらそばとミニカレーセット
価格 800円
主な具材 豚肉、玉ねぎ、にんじん、紅しょうがなど

メニュー名の通り、天ぷらそばとミニカレーのセットで、天ぷらはかき揚げ、春菊天、ごぼう天から選べるそうです。

カレーは真っ黒なルーが特徴で辛口。

細かくなった豚肉や野菜が入っていて、付け合わせは福神漬けではなく紅しょうがです。

多すぎず少なすぎずのちょうど良いボリューム感で、天ぷらそばとミニカレーでお腹いっぱいになれます。

きぬそばさんのメニュー

きぬそば(末広町)のメニュー

写真はきぬそばさんの扉に貼られているメニューです。

だいぶ年季を感じるメニューで、値上げ等のため金額は書いてなく、メニュー名のみが書いてあります(店内のメニューは金額が書いてあります)。

天ぷらをはじめとする揚げ物の種類が豊富で、かき揚げ、春菊天、いか天、げそ天などお馴染みの天ぷらが日通り揃っています。

天ぷら以外ではコロッケ、とんかつ、メンチカツがあり、この3種類は蕎麦やうどんに乗せることもカレーに乗せることも可能です。

天ぷらや揚げ物は事前に調理されているため、店に入ると目の前のショーケースの中に並べられています。

蕎麦は昔ながらの立ち食いそばの麺で、現在はむらめんさんの麺が使われているようです(店内にむらめんさんのケースがあります)。

ご飯ものはカレー、天丼、おにぎりがあり、カレー単品やミニカレーと蕎麦のセットを頼んでいる方も多く見かけます。

きぬそばさんの特徴・店舗情報

きぬそば(末広町)の外観

きぬそばさんは銀座線の末広町駅が最寄りの立ち食いそばです。

末広町駅から御徒町方面に1〜2分程度歩き、一本路地に入った場所にあります。

御徒町駅はもちろん、秋葉原駅、湯島駅からも徒歩で行ける距離です。

歴史を感じる店構えで店内は立ち食いと着席合わせて5名ほど入れば満員になるような小さなお店です。

店内にテレビも設置されているので、朝の仕事前やランチでテレビを見ながら食事ができます。

営業は平日の朝から夕方までで土日祝日は定休日のようです。

洋食屋としてスタートし、立ち食いそばになり50年以上

きぬそばさんの店内には以前取材を受けたと思われる雑誌の記事が貼られており、その記事よると、元々は洋食屋としてスタートし、1972年から立ち食いそばに変更して、以来、50年以上にわたって営業されているそうです。

地図・店舗情報

店名 きぬそば
住所 〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目10-11
会計 料理提供時に支払い(現金)
卓上の薬味・サービス 七味など
お箸の種類 割り箸
営業時間 平日の早朝から夕方まで

 

 

きぬそば(末広町)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次